2013年02月04日

【バレンタイン特集A】2013-2-4OA フェアトレードとチョコレート

P1040995.JPG


ゲスト:認定NPO法人ACE事務局長
     白木朋子さん

バレンタインデーが近づきチョコレートを買う人が多くなるこの時期、
遠そうで実は身近な話を、白木さんにうかがいました。
 
「世界の子供の“7人に1人”が児童労働を強いられています。」
と白木さん。
児童労働の多くは途上国の農林水産業でおきています。
 
輸入品が多い日本にいるからこそ
チョコレートを選ぶ時、ちょっと立ち止まって考えてみる。
身近だからこそ、できることが沢山あるような気がしました。

posted by 環境市民ラジオチーム at 00:00| 京都 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。