2013年03月18日

海とともに生きるA 2013-3-18OA

2013-03-11 13.32.14.JPG

ゲスト:田中 克先生
    京都大学名誉教授
    NPO法人森は海の恋人 理事

海にどのくらいの頻度で出かけますか?
遠くの人なら年に一度。
地元の人ならもっと多いかも。
海を見る回数でいうと、空を見るように毎日ですね。

さて、その海の眺めが巨大なコンクリートの壁に変わるかもしれません。
コンクリートに海の絵があったりするかもしれませんが。

何十年かに一度の大きな津波の対策は大事だけど、
目に見えて計測できないもの、震災を機に見直されたものは
どこへ行ったのでしょうか?


posted by 環境市民ラジオチーム at 00:00| 京都 ☀| ★東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。