2012年12月03日

【小水力発電特集(2/2)】2012-12-3 小水力発電で変わる私たちの生活

P1040422.JPG




ゲスト 関西広域小水力推進協議会
    副代表 宮本 博司 さん


「再生可能エネルギーを生み出すことができても、エネルギーをドンドン使う
今の私たちの暮らしを根源から考え直さないと・・・・。」
宮本さんはおっしゃいます。
確かに、今、変革が求められているのは私たちの豊かさの価値基準にちがいありません。
 
身近なところでのエネルギーの地産地消は、私たちに多くのことを気づかせてくれる
ことでしょう。

これからいろんな勉強会や実際に設置に向けた活動も活発になりそう!
ぜひ、宮本さんのお話を聞いてみなさんもウキウキ、楽しんで下さい。



posted by 環境市民ラジオチーム at 00:00| 京都 ☁| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

家庭での冬のエネルギーを考える★2011年12月5日放送分

*冬の訪れを前に、家庭での冬のエネルギーを考える
 




〔担当:奥田ひとみ・下村委津子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 09:51| 京都 ☔| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

地域で自然エネルギーをつくる★2011年10月31日放送分



*地域で自然エネルギーをつくる
   ゲスト:原亮一さん(おひさま進歩エネルギー株式会社)


■ 「地域で自然エネルギーをつくる」ためには自治体との協働が
 重要でした。また、未来世代である子どもたちの環境教育にも
 太陽光発電は役立っています。
 地域で自然エネルギーをどのようにして広げて行ったのか、
 そのプロセスをお尋ねしました。


〔担当:下村委津子〕
               
posted by 環境市民ラジオチーム at 23:18| 京都 ☁| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネルギーの地産地消って?★2011年10月24日放送分



*エネルギーの地産地消
  ゲスト:原亮一さん(おひさま進歩エネルギー株式会社)

IMG_1634.jpgsign.jpg

■地域でエネルギーを生み出しているという長野県飯田市。
 その牽引約となっているのは、地域のNPOから出発した
 「おひさま進歩エネルギー株式会社」です。
 初期投資なしで、太陽光発電機を設置する仕組みを考え
 実施されています。
 どんな仕組みになっているのか聞いてみました。


〔担当:下村委津子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 23:13| 京都 ☁| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木質バイオマスの可能性★2011年10月10日放送分



*木質バイオマスの可能性
     ゲスト:松田直子さん(京都ペレット町家ヒノコ)
       林エリカさん(インターン)

■京都は山々に囲まれ森のパワーいっぱいの地域です。京都ペレットは、
 京北町の木材で作られています。東日本大震災のあと、木質バイオマス
 にも高い関心が寄せられていますが、地域にある資源を地域で使うこと
 ができ、それが山や森の力を強くすることに繋がるのなら素敵です。
 そんなお話をうかがいました。


〔担当:下村委津子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 22:07| 京都 ☁| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと知りたい木質バイオマス★2011年10月3日放送分



*もっと知りたい木質バイオマス
  ゲスト:松田直子さん(京都ペレット町家ヒノコ)
      林エリカさん(インターン)


photo_pellet_hinoko.jpg photo_sb_latest.jpg

■ 懐かしくて新しい ペレットストーブや薪ストーブ。
 今のペレットストーブや薪ストーブは、昔のだるま式のストーブとは違い、
 高効率で昔と比べると70%〜80%も効率がよく なっているそうです。
 また、マンションや京町家でもペレットストーブは使えるんだそうですよ。


〔担当:下村委津子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 22:01| 京都 ☁| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

木質バイオマスの利用で森を元気に(2)★2010年10月18日放送分



*木質バイオマスの利用で森を元気に(2)
    ゲスト:宮下眞理子さん(株式会社Hibana アドバイザー)

       マルティナさん(Hibana インターン生)

■ポーランドから来日してHibanaでインターンをするマルティナさん。
 日本の環境問題とその取り組みについて研究するための来られたそ
 うですが、割り箸の多さにびっくりしたとのこと。
 ヨーロッパでは木質ペレットの普及が進み、暖房燃料の4分の1は
 ペレットになっているのに比べて、日本では「ペレット」という言葉すら
 まだまだ知られていないのが現状です。
 寺町二条下ルにある「ヒノコ」では、実際にペレットストーブを体験で
 きます。これからの寒いシーズン、ぜひ一度、訪ねてみてください。

■ 「京都ペレット町家ヒノコ」はこちら ⇒ 
  http://hibana.co.jp/kyoto-pellet/about_hinoko.html

101007-1.JPG
(左から、マルティナさん・宮下さん・奥田・窪井/伊藤撮影)


■ペレットストーブやペレットについてもっと知りたい人は、こちら⇒
 京都ペレット町家通信 
 http://hibana.co.jp/kyoto-pellet/pellet_what.html

■株式会社Hibanaについては、こちら⇒
 http://hibana.co.jp/


〔担当:奥田ひとみ、伊藤俊介、窪井千鶴子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 22:11| 京都 ☁| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

木質バイオマスの利用で森を元気に★2010年10月11日放送分



*木質バイオマスの利用で森を元気に
    ゲスト:宮下眞理子さん(株式会社Hibana アドバイザー)


■環境市民の事務所の向かいに今年5月に開店した「京都ペレット町家ヒノコ」。
 ペレットとは、間伐材や端材など乾燥した木材を細粉し、圧縮して円筒形に成
 型したもので、ボイラーやストーブの燃料となります。、燃やした時に発生する
 二酸化炭素は、木が成長過程で吸収したもので、大気中の二酸化炭素の増
 減に影響を与えない環境にやさしい燃料です。
 今年、京北町にはペレットをつくる工場が稼働し、京都産のエネルギーが使い
 やすくなりました。エネルギーを地産地消することは、里山の保全や地域の雇
 用につながります。

101007-1.JPG
(左から、マルティナさん・宮下さん・奥田・窪井/伊藤撮影)
101007-2.JPG
(伊藤くん)


■ペレットストーブやペレットについてもっと知りたい人は、こちら⇒
 京都ペレット町家通信 
 http://hibana.co.jp/kyoto-pellet/pellet_what.html

■株式会社Hibanaについては、こちら⇒
 http://hibana.co.jp/


〔担当:奥田ひとみ、伊藤俊介、窪井千鶴子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 18:25| 京都 ☀| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

再生可能エネルギーの拡大を政府と電力会社に要求 10-03-15



*太陽光発電の買い取制度と再生可能エネルギー

*NGOと自治体の共同で再生可能エネルギーの拡大を、
 政府と電力会社に要求提出
   ゲスト:風岡宗人さん(環境市民スタッフ) 



〔担当:下村委津子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 08:49| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

エネルギーを「地産地消」に!★09-12-14



*自然エネルギーの利用
*エネルギーを「地産地消」に!
  ゲスト:松見弘睦さん
     (環境創造アドバイザー、京丹後市網野町在住・マツミデンキ経営)


■2004年に自宅に小型風車を設置した松見さんは、自然エネルギーの活用に
 力を入れ、「風のがっこう京都」で自然エネルギー(風・水・太陽)を使った電気
 作りのセミナーを、小学生から大人向けに実施するなど、環境活動に取り組ん
 でおられます。
 電気工事をお仕事にされていますが、なんと薪ストーブの販売や雨水の利・
 活用についても熱心にすすめられています。エネルギーの地産地消も含めて、
 地域のことを地域でまかなう・・・当たり前だけれど現状は難しい。 
 でも、実現に向けてさまざまにチャレンジ中の素敵な方です。

091214-2.jpg 091216-2.jpg


〔担当:下村委津子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 14:53| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

歌と踊りで「緑のカーテン」普及★2009年7月20日放送分



*京都府綾部市の「水源の里条例」

*歌と踊りで「緑のカーテン」普及をめざす
  ゲスト:谷口真奈見さん
    (福知山環境会議広報担当、ゴーヤキャンディーズのメンバー)


_ゴーヤキャンディーズ2.jpg_.jpg _谷口真奈見さん.jpg_.jpg

■3人組のゴーヤキャンディーズは仲間とともに小学校をまわって小学
 校を回って緑のカーテンの効用を教えています。子供達に分かりやす
 いようにと、「みどりのなかま〜ゴーヤ先生がやってきた」のCDも作り、
 踊りも考えて普及に努めてます。
 またなんと、今回ダンスの振付をあのメジャーなラッキー・池田さん
 に頼みOKをもらったそうです。その行動力に感服!目標は「緑の仲
 間」のDVDを作ることだそうです。


〔担当:奥津登代子、奥田ひとみ  インタビュー:下村委津子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 07:10| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

日本のグリーンニューディール政策の問題点:京大松下和夫先生に聞く★2009年7月13日放送分



*スリランカで干ばつ、紅茶生産に危機

■世界最大の紅茶輸出国スリランカで、お茶の農園が集中する
 内陸高地がひどい干ばつに見舞われ、紅茶の生産が危機に直
 面しているそうです。

*日本のグリーンニューディール政策の問題点
 ゲスト:松下和夫さん(京都大学大学院地球環境学堂教授)




〔担当:下村委津子、窪井千鶴子〕
posted by 環境市民ラジオチーム at 22:30| エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。